定期送信


AlterLock Gen2 の定期送信の使用について

定期送信は、AlterLockデバイスの安心感を向上するために、多くのユーザー様からの要望を受けて搭載された機能です。

定期送信の利用シーン

以下のような利用シーンを想定しています。

  • 屋外に長時間駐輪していて不安なので、異常を検知していない場合でも定期的に位置情報を知りたい。
  • バイクを配送するので、定期的に位置情報を取得したい。
  • AlterLockデバイスの通信状態を確認したい。

定期送信の動作

  • 定期送信を有効にすると、ロック・アンロック状態にかかわらず、異常を検知していない場合でも位置情報を定期的に測位して送信します。
  • 動作間隔はデバイス設定画面から設定することができます。
  • 定期送信の動作中でも、ロック状態の場合、異常検知によるアラームや追跡動作が優先して動作します。
  • 取得した位置情報の履歴は、メイン画面の位置情報から確認できます。

定期送信の間隔

定期送信の間隔はデバイス設定画面で30分から360分の間で設定することができます。

バッテリー消費について

位置情報の取得は消費電力が高いため、定期送信を長期間有効にしているとデバイスの稼働時間が短くなります。
必要な場合のみ有効にするか、定期送信間隔を180分以上にすることをお勧めします。

フル充電からデバイスの各状態における稼働時間の目安は以下のとおりです。

状態稼働時間
定期送信なし35 – 45日
定期送信 (60分)7 – 15日
定期送信 (180分)16 – 28日