私たちについて


不安のないサイクリングを

私たちの目標は、サイクリングにおける盗難リスクを最小限にすることです。 サイクリングという素晴らしいスポーツの可能性を更に高めたいと考えています。

カフェから出てきたらバイクが無い、朝起きたらガレージからバイクが無くなっている。 そんなことが起きない世界を目指しています。

STORY

私がロードバイクに出会ったのは2012年でした。 サイクリング仲間が増え、イベントやレースにも参加するようになり、自転車の魅力にはまっていきました。

しかし、毎年新しい仲間が増えるのと同時に、辞めていく人もいました。 自転車が盗難に遭ってしまったという人も何人もいます。SNSでは日々、ロードバイクなどの盗難情報が投稿されています。 日本は治安がいいイメージがありますが、なぜか自転車と傘の盗難だけは頻繁に発生します。 私自身もコンビニやカフェに寄るときは、常に盗難の不安を抱えていました。

幸いにも、私はIT企業に所属するシステムエンジニアで、これを解決できる見込みのあるアイデアを考えることができました。 すぐに、事業計画と並行して、システム設計に取り掛かりました。 社内にはクラウド開発、アプリ開発のスペシャリストが大勢います。 デバイス開発に真剣に協力してくれるパートナーもいます。 ちなみに社長もPINARELLOに乗るサイクリストです。

デバイスの設計を開始した2017年は、ちょうどIoT通信のテクノロジーが世の中に出始めた年でした。 低消費電力で安価なIoT通信を実現するLPWAが登場したことが、AlterLockが実現した理由のひとつとなっています。1年半を掛けた試行錯誤の末に、試作品が出来上がると、自分のロードバイクに付けて何千キロも走行テストを行いました。

当初は、鍵に加えて安心材料が増えるという程度に考えていました。 しかし、サイクリング中の休憩が安心できるものに変わると、今までは躊躇していた駐輪場所が見えないカフェにも寄れるようになり、サイクリングの楽しみの幅が広がったという発見がありました。 そして、2018年12月に第一世代を日本でリリースし、多くのサイクリストに私と同じ安心感を感じてもらえていることがわかりました。 実際に盗難を未然に防いだケースも多数あります。

AlterLockが提供しているのは、テクノロジーとデバイス&サービスですが、常にその先にあるサイクリングの楽しみを知ってほしいと思いながら、日々の開発・運用にあたっています。

Our Team

Kiyotake Teruyama

Product Manager
System Architect

Haruka Ochi

Customer Support
Web Master

Yusa Minto

Marketing Manager
Public Relations

Our Company

ネクストスケープは、未来の技術発展を予測し応用分野を拡げ、 新たな時代に即した価値を提供しつづけていきます。 一方、不確実性が増す現代においては、お客様に対する技術的価値のご提供だけでは、充分な貢献が出来なくなっていくとことを危惧しています。 そのため、ネクストスケープではSIという言葉を「システムインテグレーター」から「シリアルイノベーター™」へと再定義し、お客様と一緒に新たな価値を継続的に生み出すパートナーであり続けるための活動をして参ります。
お客様にとってネクストスケープと協同することで得られる体験価値そのものが、 当社の主力商品となることを目指しています。

Sigfox Partner Award 2019 (Japan)

本社所在地
〒163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル22F

Webサイト
https://www.nextscape.net/

お問い合わせ
info@alterlock.net