ユーザーマニュアル

AlterLock Gen3 デバイスのセットアップから基本操作まで解説します。

1. はじめに

AlterLockデバイスおよびAlterLockアプリの操作方法は、サービスの改善や機能のアップデートに合わせて変更される場合があります。
このセットアップガイドの内容も、予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

2. 同梱物

本製品には以下のものが同梱されています。

  • AlterLock Gen3デバイス本体
  • セキュリティボルト2本(M5 x 20mm)
  • 取付用工具
  • ステッカー

※充電用のUSB Type-Cケーブルを別途ご用意ください。

3. 使用前の準備

3-1. デバイスの充電

充電ポートカバーを空けて充電してからお使いください。 ご利用時には充電ポートカバーをしっかりと閉めてください。

充電状態LED表示
充電中赤色点灯
充電完了青色点灯
低バッテリー黄色点灯

※モバイルバッテリーで充電する場合、充電が完了するとLEDが消えることがあります。
※黄色点灯の状態では起動できません。 しばらく充電してから起動してください。

3-2. デバイスの取付け

自転車への取付け

「AlterLock」ロゴがプリントされている側がデバイスの表面となります。 表面を外側に向けて取付けてください。
デバイスの取付けボルト穴を自転車のボトルケージ台座に合わせて取付けてください。 ボトルケージと一緒に取付けることで、デバイスが目立たなくなります。
ボトルケージ台座が無い場合は、市販のボトルケージアダプターのご利用をご検討ください。

※本製品やボトルケージが破損しないように、一般的なボトルケージの締め付けトルク(2Nm以下)で取付けてください。
※取付け箇所とデバイスが干渉した状態で無理に取り付けを行うとデバイスが破損する恐れがあります。 干渉しない場所に取り付けていただくか、別途スペーサーをご用意ください。

オートバイへの取付け

ツールボックススペースやシート下の奥、カウル内などに、ゴムバンドやタイラップなどで固定して取付けてください。
自転車と同様にボトルケージアダプターを使用してハンドル周りなどに取付けられる場合もあります。

※エンジンやエグゾーストパイプの付近など高温になる場所を避けてください。
※金属で覆われた場所や大きな金属面に接地しないように取り付けてください。 金属部分から遠ざけることで、各種通信アンテナの電波効率を高めることができます。
※体から20cm以上の距離を空けて設置してください。
※シート下などに格納するとアラーム音は小さくなりますが、オートバイや自動車ではアラーム音による抑止力よりも、通知や追跡機能による効果に主眼を置いています。

3-3. アプリのインストール

iOS向け、Android向けのアプリを以下のリンク先から無料でダウンロードいただけます。

アプリを起動して、ログインしてください。 アカウントをお持ちでない場合は、アプリから新規アカウント登録を行ってください。

アプリ起動時に複数のアクセス許可を求めるメッセージが表示されます。 すべてに許可を選択してください。AlterLockデバイスの機能を使用するためには、スマートフォンの通知やBluetooth、位置情報へのアクセス、バックグラウンドでのアプリ動作が必要になります。

4. サービス加入

AlterLock Gen3デバイスを最大限活用いただくためには、サービス加入が必要です。
ブラウザでこちらのページから手続きを行ってください。 アプリ内課金により、サービス加入することも可能です。 アプリ内課金の場合は利用料が異なります。

※AlterLock Gen3はサービス加入を行わずに、アラーム機能やBluetooth通信による通知機能を利用することができます。 サービス加入を行うと、LTE-M / NB-IoT通信機能が有効となり、遠隔地への通知や位置情報の追跡を利用することができます。
※AlterLock Gen1, Gen2については、デバイス登録を含むすべての機能でサービス加入が必要となります。

5. デバイス登録

5-1. 登録対象の情報を入力

  1. アプリのメイン画面で登録対象(自転車、オートバイ、自動車、その他)を選んでタップします。
  2. 画面に従い登録対象の情報を入力して登録をタップします。

※登録する写真は16:9のサイズで表示されます。 事前に画像編集アプリで16:9の写真をご用意いただくと綺麗に表示されます。
※登録対象の情報はいつでも編集できますが、登録対象の種類を変更することはできません。 変更が必要な場合は、削除してから再登録してください。
※万が一の盗難時には警察への届出や対象を特定する際に、車体番号などの識別番号を入力しておくことを推奨します。

登録対象の情報を編集・削除

  1. メイン画面で情報タブを選択し、登録対象の情報をタップします。
  2. 編集画面が表示されるので、内容を編集したり、削除することができます。

登録対象の情報を削除すると、登録対象に関連したデータ(位置情報、メンテナンス情報など)を復元することはできませんので、ご注意ください。

登録対象の切換え

サービスに加入済みの場合は、最大で3つの対象を登録できます。 登録対象を追加したり、切り替えるには、メイン画面で対象の写真部分を左右にスワイプしてください。

5-2. デバイスの登録

  1. AlterLock Gen3デバイスをご用意ください。
  2. メイン画面でデバイスを登録をタップします。
  3. 「STEP1」でAlterLock Gen3を選択します。
  4. 「STEP2」でデバイスのボタンを3秒間押してから、開始をタップします。
  5. Bluetoothペアリングの要求画面が表示されたら、ペアリングをタップします。
    ※スマートフォン機種によってはペアリング要求が表示されない場合があります。
  6. ペアリングが成功すると「デバイス登録が完了しました」というメッセージが表示されます。

※デバイスを起動すると60秒間ペアリングモードとなり、赤LEDが点滅します。
※ペアリングが失敗する場合は、アプリを再起動してから再度お試しください。
※ペアリング中のまま進まない場合は、スマートフォンのBluetooth設定を確認し、「AlterLock3」から始まるデバイスが登録されている場合は削除してから再度お試しください。
※上手くいかない場合は、ファクトリーリセットをお試しください。

iOSの場合

解除したデバイスを再登録する際には、スマートフォンのBluetooth設定を確認し「AlterLock3」から始まる該当のデバイスを削除してから、アプリにて再登録を行ってください。

Androidの場合

初めてデバイス登録を行った後、「バックグラウンド接続の許可」メッセージが表示される場合があります。 設定を開くをタップして、位置情報の権限画面に移動し、常に許可を選択してください。

6. ファクトリーリセット

ペアリング済みのデバイスを、再登録したり、別のスマートフォンで登録し直す際には、ファクトリーリセットが必要になる場合があります。

通常はアプリからデバイス解除すると自動的にファクトリーリセットが行われます。 何らかの問題で再ペアリングができない場合は、以下の手順でファクトリーリセットを行ってください。

  1. デバイスを裏向きにして水平面に置き「ピッ」と音が鳴るまで5秒間ボタンを押してください。
  2. 次に表向きにして「ピー」と音が鳴るまで5秒間ボタンを押してください。
  3. ファクトリーリセット後、デバイスはシャットダウン状態になります。 完了するまで数秒お待ちください。
    デバイスを再登録する際には、ボタンを3秒間長押しして起動してください。デバイスを再登録する際には、ボタンを3秒間長押しして起動してください。

セキュリティのため、バイクに取り付けた状態ではファクトリーリセットを行うことが難しくなっています。 デバイスを取り外してから操作を行ってください。
解除したデバイスを再登録する際には、スマートフォンのBluetooth設定を確認し「AlterLock3」から始まる該当のデバイスを削除してから、アプリにて再登録を行ってください。

7. 基本操作と動作の仕組み

7.1. アプリ画面

アプリのメイン画面では以下の操作を行うことができます。

  1. 検知感度: ロック時の異常検知の感度を調整します。
    ※自転車の場合、Lowはサイクルラックでの駐輪に最適化しています。
  2. オートロック: Bluetoothの接続状態と電波強度に応じて、ロック状態を自動が切り替わります。
  3. 通知: 異常検知時のスマートフォンへの通知をオンまたはオフにします。
  4. 位置情報: 位置情報を示すマップ画面を表示します。
  5. 詳細設定: デバイスの詳細設定を行います。
  6. 画面下部: タップするとロック、アンロックが切り替わります。 右側のアイコンはBluetooth接続状態を示します。

※デバイスの操作はBluetooth接続中のみ行うことができます。
※アラーム音や鳴動時間などは、詳細設定 > アラーム から行います。

7-2. ロック・アンロック

デバイスをロック状態にすると異常検知が有効になます。 その後、動きを検知するとアラームが鳴って、スマートフォンに通知が届きます。
ロック・アンロックを切り替えるには3つの方法があります。

アプリからの操作

デバイスとBluetooth接続中にメイン画面の下部にある領域をタップすると、ロック・アンロックが切り替わります。

デバイスのボタンによる操作

デバイスとBluetooth接続されたスマートフォンが近くにある状態で、デバイスのボタンを押すと、ロック・アンロックが切り替わります。
スマートフォンをポケットに入れている際など、Bluetoothの電波が弱くなることで、ボタンによる操作が反応しない場合があります。 その場合は、詳細設定 > デバイス > ボタン動作感度 から感度をHigh側に調整してからお試しください。

オートロック

メイン画面でオートロックを有効にすると、デバイスがBluetoothの接続状態と電波強度を判定して、ロック・アンロックが自動的に切り替わります。
スマートフォンをポケットに入れている際など、Bluetoothの電波が弱くなることで、意図せずにロック状態になってしまう場合は、詳細設定 > デバイス > オートロック動作感度 から感度をHigh側に調整してからお試しください。

オートロック中に手動でロック状態を変更した場合は、オートロックが無効になります。

注意事項
※オートロック機能は、スマートフォンがBluetooth機器と自動接続する機能を使用しています。 スマートフォンの機種やOSバージョンによっては、Bluetooth接続がスムーズに行われずにオートロック機能が動作しない場合があります。
※スマートフォン独自の省エネ機能を有効にしている場合やアプリに必要な権限を許可されていない場合は、オートロック機能を動作しない場合があります。

7-3. 異常検知アラーム

  1. デバイスがロック状態のときに一定レベル以上の動きを検知すると、アラームが鳴ります。
    1回目は警告音が10秒間鳴り、更に動きを検知すると大きなアラーム音が鳴ります。
  2. 異常検知後にスマートフォンに通知が届きます。
  3. アンロックするか設定した時間が経過するとアラーム音が停止します。

※Bluetooth切断状態での通知には、サービス加入が必要です。

※1回目の通知では速報性を重視するため、位置情報が記録されない場合があります。
※警告音の鳴動時間は設定によらず10秒間です。 アラーム音は詳細設定から鳴動時間や音のパターンを設定できます。
※初期設定では、ロック状態のまま3回目以降に動きを検知してもアラームは鳴りません。 万が一、持ち去られてしまった場合を想定すると、アラーム音を鳴らし続けるよりも追跡のみを行う方が多くのケースで適しているためです。 この設定は、詳細設定 > アラーム から変更することが可能です。
※スマートフォンへの初報通知は、通常Bluetooth接続状態では数秒、Bluetooth切断状態ではデバイスの通信環境に応じて数十秒かかる場合があります。

7-4. 位置情報の追跡

ロック状態のまま、2回目の異常検知の後に位置情報を取得し、スマートフォンに通知します。
最終位置を特定するため、移動中ではなくデバイスが静止状態になってから位置情報の取得を開始します。
位置情報の受信からスマートフォンへの通知まで、通信環境によって数秒から数十秒掛かる場合があります。
位置情報の取得中や通信中にアンロックすると、追跡状態がキャンセルされます。

※所有者のスマートフォンとBluetooth接続されている場合、スマートフォンの位置情報を取得します。
※GPSによる初回の位置情報の取得には、最大で3分程度掛かる場合があります。 短時間に連続して位置情報を取得する場合は、取得時間が短くなります。
※位置情報の取得には、周囲の電波環境や前回の通信結果に応じて、GPSまたは周囲のWi-Fiと4G基地局の情報を使用します。
※GPS衛星の電波が受信できず、周囲にWi-Fiアクセスポイントが少ない場合には位置情報の精度が低くなったり、位置情報が取得できない場合があります。

8. その他の機能

8-1. 事故検知

事故検知機能は、詳細設定から有効にすることが可能です。 事前にアプリから緊急連絡先を設定してください。

※本機能のご利用にはサービス加入が必要です。

事故検知は以下の仕組みで動作します。

  1. 事故検出
    デバイスが大きな衝撃とその後の転倒を検出すると、ビープ音が10秒間鳴ります。
  2. 緊急連絡先への通知
    位置情報を測位した後、指定した緊急連絡先に支援を求めるテキストメッセージを送信します。
  3. 事故検知のキャンセル
    事故検出から30秒以内にデバイスのボタンを押すことでメッセージの送信を中止することができます。

注意事項
※本機能は、すべての事故の検出と通知を保証するものではありません。
※激しい振動を伴う走行環境において、誤検知が発生する場合があります。
※緊急連絡先への通知は、デバイスが通信可能な電波環境にあることが必要です。

8-2. デバイスの詳細設定

AlterLock Gen3デバイスの詳細設定については、こちらのページをご参照ください。

8-3. シャットダウン

本製品はセキュリティの観点からデバイス側の操作のみでシャットダウンすることはできません。
アプリのメイン画面で、詳細設定 > デバイス > シャットダウン からデバイスの電源を切ることができます。

デバイスを航空機に持ち込む際には、通信電波を発しないようにするため、事前にシャットダウンしてください。

9. バッテリー稼働時間

デバイスのご利用環境における稼働時間の目安は以下のとおりです。

状態稼働時間
移動なし最大90日
1日1回以上の移動約 45~60日
盗難時の追跡状態約 30日

※電波環境が非常に悪い場所では、通信や測位の時間が長くなり、バッテリー稼働時間が上記の目安よりも大幅に短くなることがあります。
※広い温度範囲で動作するように設計されておりますが、0℃以下または45℃を超えるような環境では稼働時間が短くなったり、バッテリーの劣化が早まる可能性があります。
※アラーム鳴動回数やGPS測位、通信回数によって、稼働時間は変動します。

バッテリーを長持ちさせるコツ

極端な高温や低温環境で保管しない

直射日光下での日常的な保管や夏場の自動車の車内、凍結するような低温状態で長時間保管したり、充電を繰り返すとバッテリーがダメージを受け、稼働時間が短くなる可能性があります。

長期間使用しないときはデバイスをシャットダウンする

長期間使用しないときは、1時間程度充電してからアプリからデバイスをシャットダウンした状態で保管してください。

10. LED表示について

デバイスの状態および操作とLED表示の関係は以下のとおりです。

状態LED表示
ペアリングモード赤色点滅 (60秒間) ※1
充電中赤色点灯
充電完了青色点灯
低バッテリー黄色点灯 ※2
ロック青点灯 (1秒間)
アンロック青点灯 (2秒間)
アラーム / 測位 / 通信中青色点滅

※1. 購入後またはファクトリーリセット後、ボタンを3秒間長押しするとペアリングモードになります。
※2. 黄色点灯の状態では起動できません。 しばらく充電してから起動してください。
※充電中のロックや通信時に紫色で点滅することがあります。 この動作は異常ではありません。

ご不明な点につきましては、よくある質問をご確認いただき、解決しない場合はお問い合わせください。