AlterLock サイクルガードサービス

デバイスファームウェア v0.9.9 リリース

一部のAlterLockデバイスにて、オートガードOFF(手動モード)の際、ガード状態にした瞬間にアラームが鳴ってしまう不具合を改修いたしました。

原因:デバイス内部の加速度センサーの個体差により、設定を反映する際のスリープ時間が短過ぎることで、加速度センサーの設定が終わる前にアラームが反応してしまうケースがございました。

ファームウェア更新手順

  1. AlterLockデバイスの近く(Bluetoothが切断されない距離)で、デバイス設定画面を開きます。
  2. デバイス設定画面の一番下にある、[FW確認]をタップします。
  3. 画面の指示に従い、更新処理を行います。
  4. 更新が終わると、自動的にAlterLockデバイスが再接続されます。
  5. デバイス設定画面を閉じてから、再度デバイス設定画面を開くと、[Firmware Version]の項目が[v0.9.9]となります。

※ファームウェアが既に最新である場合は、本操作は不要です。
※ファームウェアの更新には、iOSでは1分程度、Androidでは2分程度掛かります。